旅の再スタートはモンゴル♪ ウランバートル

モンゴル航空

サインバイノー(モンゴル語でこんにちは)♪そらです。

7月3日。いよいよ世界一周第2ステージのスタートです(⋈◍>◡<◍)♡。旅のスタートはモンゴルから。

モンゴルは最初世界一周を計画した時に全然計画してなかったところでしたが、旅をしているうちに、どうやら私は「山、騎馬民族」の国が好きらしいという事が判明。キルギスやタジキスタン然り、レソト然り。

「じゃ、きっとモンゴルなんてきっと気に入るよ。」という旅友のアドバイスを聞いて、せっかく日本戻ったんだし、いきなりモスクワに飛ぶのももったいなァという事でモンゴル行きを急遽決めました♪
経由便と直行便と5千円位しか変わらなかったんで、直行便のMIATモンゴル航空で成田発14時40分のフライトでウランバートルへ。

モンゴルは『30日以内の滞在の場合、ビザは必要なし。只、出国のチケットがある場合』と記載がありましたが、私は、モンゴルからはシベリア鉄道でロシアに抜ける予定なので、チケットはまだありません。

色々調べると、飛行機に乗る前に復路チケットを買わされたとか、モンゴルからは鉄道で出るので現地で購入する予定と言えば大丈夫だったとか色々ブログ内で情報が交錯。まあケースバイケースってことでしょう。

今回の私の場合、空港でのチェックイン時に、あらかじめ調べておいたシベリア鉄道のスケジュールを見せて、「現地でこのチケットを購入予定です」と言ったら大丈夫でした。最悪の場合は、空港のWIFIでエアチケットを買ってもいいかなと調べておいたのですが、買わずに済んで良かった♪

時間があったので、初めて成田空港のプライオリティラウンジを使いました。
モンゴル航空の発着する成田第一ターミナルでプライオリティパスの使えるラウンジは3つあるみたいですが、セキュリティエリアを抜けてから使えるのは、大韓空港のラウンジのみです。

この大韓航空のラウンジ、最高でした♡ミニカップラーメン(しかも大好きな日清のシーフードヌードル♬)があったり、お味噌汁があったり、おにぎりがあったり、軽食が充実してます。アルコールももちろん飲めます。只、コンセントは壁側の席しか無かった模様。

機内食が出ると知りながらも、最後の日本食としてミニカップラーメンとおにぎりを頂きました♪さよなら~、大好きな美味しい日本食よ、また来年会いましょう(つД`)ノ(笑)

滑走路混雑の為40分位遅延して出発。席はほぼ満席。日本からのツアー客が多かったです。席にモニターは無し。機内食は2回(普通のと軽食)でました。

遅延があったものの、ほぼ定刻の20時頃モンゴルのウランバートルへ到着。日本との時差は1時間。時計の針を1時間戻します。

入国審査では、特に出国チケットについて聞かれる事もなくあっさり入国。ATMでお金をおろし(上限は350,000tg(テュグルグ)=(約¥16000)でした。)、タクシーで市内へ。タクシーは白タクがほとんどと聞いていて嫌だなと思ってましたがバケッジクレームの近くにタクシーカウンターがあって、そこで英語の話せるスタッフに手配をお願いできます。料金も聞いていた通り20000tg(約¥900)でした。

バスでも行けるみたいですが、今回は時間が遅い&荷物がフル装備なのでタクシーをチョイス。バスはそんなに混んでなさそうだったし、バスでよかったかも。ちなみにバスの乗り場は、空港からは少し離れていてちょっと分かりにくい場所にあります。(出口出てトンネル越えて団地の方へ歩くらしい。)
バスに乗るにはU MONEYっていうカードが必要。でも現金500tg(約¥20)でも乗れるらしいです。タクシー料金と雲泥の差ですね(笑)。

市内まではそんなに遠くないんですが、渋滞があり宿についたのは21時頃。でも、この時期のモンゴル、まだ全然明るいです。
日没は21時過ぎ。毎日夜更かししてしまいます(^^;。

予約しtたのは「golden gobi guesthouse & tours」

モンゴルでの大自然を満喫するにはツアーが最適という事で、ツアーの人数を集めやすい欧米人に人気のあるこの宿にしました。

飲み物(水、お湯、紅茶、緑茶)フリー、キッチンあり、wifiあり(速度普通。混んでると遅い)、ホットシャワー(温度、湯量OK)、ゲストハウス内は土禁なので、清潔。1階と地下にフリースペースあり。

ドミ部屋は、6人部屋と10人部屋。6人部屋しか見てないけど、結構狭いです。コンセントは1つを延長コードで4つに増やしているタイプ。コンセントが少なく、離れているのが難点。各ベットにあればいいのに。

あと、洗濯禁止!!ランドリーは高いみたい。(私はこっそりしちゃいました(^^;)←マネしちゃだめです!)

朝食も含まれていて、1泊9$。

全体的にとにかく欧米人が多くて、夜遅くまで結構賑やかです。英語でのコミュニケーションを楽しみたい人には快適かも。(私は、ずーと英語で話すと疲れるので、もっと静かな方が好き)

明日は、ツアーを探したり、ウランバートルを散策したりしてモンゴルに慣れようと思います♬
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する